子犬販売・犬のしつけ・ブリーダーなら【鈴木訓練所】

全犬種預託しつけ訓練 自家繁殖子犬販売 子犬お求め後の育成指導

犬から人間(ひと)へ

犬を高いお金で求める方、知り合いの方から頂く方、いろいろな情報から貰い受ける方、いろいろおられると思います。犬にとって飼い主は最良の友(主人)なのです。
飼い主の方の都合で不幸な生涯を送った犬達は数多くいます。救われて幸せに生活しているのはごく一部の犬達です。人間が精神的に占有できるということで簡単な気持ちで犬を飼う方が多くおられます。しかし、犬に対しての知識のない方がしっかり飼育、しつけできるでしょうか?
犬というのは本来人間に対して従順で飼い主を信頼しているのです。
犬を虐待する、一緒の時間が持てない、犬に対して全く無知、そのような方は犬を飼育する資格はありません。
また、過保護な飼い主の方は正しい飼育、しつけ方の指導が必要です。
犬の命はせいぜい長くて15年位です。その年月犬はあなたを理解し信頼を得ようと一生懸命です。
対話も行動もない生活はつらいのです。

・・・犬から人間(ひと)へのお願いです・・・

子犬の求め方と選び方

子犬

犬を飼いたい、前からこのような犬を飼ってみたいと思っていた方、犬が好きだから飼おうかなと思う方、自分はあまり犬が好きではないがお互いの伴侶、子供が欲しいと言うので求めようとする方、簡単に衝動買いする方それぞれいろいろおられると思います。
しかし、犬は飼い主のもとで家族の一員として生活するようになれば一生涯です。
一般の方で犬を求めようとする方は、一番に子犬の性格、気性を重点に考えなければなりません。
できる事であれば、飼い主の要望に応えてくれる犬に対しての、知識豊富な繁殖経験の長い繁殖者から求めるようにした方がいいでしょう。その後いろいろと相談に乗ってもらえます。
その次に大事な事は、健康的である事です。繁殖管理の正否で子犬の健康状態に違いが出てきます。
また、求める方は犬の値段的なことも考えると思いますが、特別な事を目的として求めるのでなければ何十万もするものではありません。
訓練を施して楽しんでみたい方、ショー(展覧会)で遊んでみたい方、番犬として飼いたい方、パートナードッグとして飼いたい方また社会的に役に立つ犬にしようと考えている方、さまざまと思いますが、一番に重要な事は、求め方と求めようとする犬の性格、気性と健康的なことです。
健康的な子犬とは下記に記載の簡単なポイントを参考にして下さい。

血統書のない子犬(ミックスなどの雑種)も可愛いのですが、お金を出してお求めなさる子犬ではありません。あくまでお金を出してお求めなさるのは計画繁殖された純粋犬(血統書付)の子犬です。

健康的な子犬の簡単なポイント

生後日数によって違いますが、目が生き生きとして輝いていること。牝は牡に比べ優しい眼をしています。目やにが出ていたり充血している子犬は注意を要します。
鼻鏡が乾燥していなくて、しっとりしていてツヤがあるかどうか注目しましょう。
口の中は淡いピンク色をしていて口臭がないかどうかチェックします。
皮膚皮膚がかさついていない薄いピンク色で赤い皮膚また皮膚病のような疑いのある場合は避けた方がいいでしょう。
皮毛毛にツヤがあり、フケなどが浮いてないか注目してください。
背中背線は犬種によって違いはありますが、基本的に背線はまっすぐで、鯉背(鯉のように湾曲)、凹背(内側に湾曲)ではないか観察します。
肛門周囲肛門の周りが汚れていないかどうか観察します。汚れている場合は避けた方がよいでしょう。

子犬とは

犬の一生で子犬と呼ぶ時期は犬種によって少し違いはありますが、生後4ヶ月くらいまでを子犬と呼び人間でいう幼稚園入園前です。生後5ヶ月頃から1歳までが幼犬で幼稚園入園から小学校卒業の時期です。
1歳から1歳半までを若犬と呼び中学生の時期です。1歳半から2歳までが未成犬で高校生時代です。2歳以上で成犬となり人間の大人です。
子犬を迎えた後、生後日数によって様々な伝染病のワクチンを動物病院にて接種します。
生後3ヶ月経過の子犬、幼犬はその地域の役所に蓄犬届けを提出して狂犬病のワクチンを接種しなければなりません。
狂犬病のワクチンと様々な伝染病のワクチンは別ですので間違いのないように動物病院にて伝染病のワクチンを接種してください。
その後、年1回の狂犬病ワクチンの接種と動物病院での追加ワクチン接種と夏季期間のフィラリア予防薬の投与は飼い主としての最低限の義務です。

犬は叱っても怒るな

犬の飼い主はまず犬を知る、飼い犬の性格・気性を知る事から始まります。その上でしつけ・訓練を行うようにしなければいけません。
自分の飼い犬が性格的に強い(硬性)犬か、弱い(軟性)犬か、その中間くらいの性格の犬なのかをまず飼い主の方が知ることです。
強い犬には強く、弱い犬には弱く」飼い犬に対して接することです。
犬は叱っても怒るな」この言葉を実行、実践できる飼い主は犬という動物を理解している飼い主と思います。
さまざまなネットまたは書籍で褒めて教えると書かれていますが、それは叱る事と怒る事の違いがわかっていない、または同じと考えているのではないでしょうか?「叱ると怒るは違う」のです。愛犬を叱ってたしなめ、正しく導き反応させ、褒め称えて教えていくのが正しいのです。叱る事と褒める事の繰り返しで教えていきます。
飼い犬を叱るという事は、褒める事以上に大事なことなのです。
タイミングよくその時その場で叱ったり、褒めたりしなければなりません(時機を失せざる賞罰
正しく飼い主の指示、または罰(イケナイという言葉で犬をたしなめる事)に対してスムーズに反応してくれた時は褒めてやり、また初歩のうちはご褒美を与えてやります。
叱り方はタイミングよくイケナイの声符と同時に体感的刺激を与えてイケナイの言葉を理解させます。
いわゆる条件反射です。叱る事が全くない飼い犬は皆無です。
犬の種類、サイズ、性格、気性によってアクセント、動作の強弱はありますが絶対必要な事です。
飼い主にとって賢く、飼い易い犬というのは、いろいろな芸ができる犬ではないのです。
正しいこと、悪いことを飼い犬に解らせて、罰(イケナイという言葉)に対して素早く反応させるようにする事が人間と共に家族の一員として生活していく上で一番重要なことなのです。

子犬のインターネット販売の注意

ホームページで子犬の情報を探すのはとても便利で有意義ですが、残念ながら犬に関しての知識経験不足また単なる情報提供だけでの販売で、その後の相談に応じられなく責任の持てない業者の方々が存在するのも事実です。
「子犬代を振り込んだ後連絡が取れない」「病気また欠陥のある子犬が送られてきた」「血統書が送られてこない」「お求め後の相談に全く応じられない」
といったトラブルを防ぐために知識経験の豊富な信頼できるブリーダーを探しましょう。
できれば、一度ブリーダー宅を訪問して子犬の父母犬を見学がてら、どのような環境で生まれ育てられているのか、ブリーダーの方はどのような人間(人柄)であるか実際に御自身で確かめるのが一番です。
と言っても、そうもできない遠方の方、また仕事等で忙しくなかなか時間の割けない方もいらっしゃるでしょう。そのために下記に記載の事柄をチェックしてみることをお勧めします。
ホームページ更新の確認まめに更新または新しい情報を提供していないホームページはいけないと思います。
もしかすると、別の仕事を持っていて、ホームページだけ垂れ流し状態かもしれません。
(問い合わせの際には注意が必要です)
犬、子犬についての知識経験子犬を販売している方々は皆さん犬に関して知識経験のある方々とは限りません。
ホームページだけで判断するのは危険です。必ずメールや電話で問い合わせをして質問や要望を伝えましょう。子犬は家族の一員として迎えた後、10年以上は生活を共にする事になるあなたの大事な家族です。
質問や疑問などがあったら、どんどん尋ねてみるべきです。
動物取り扱い業の届出登録証の記載「動物の愛護及び管理に関する法律」が施行され、法律に基づいて動物を扱う業務を営んでいる者は各地域の保健所への届出登録が必要です。各事業所、店舗、またネットでの販売の場合も表示が義務付けられています。インターネットでの検索で、この届出番号を表示されていない方々がまだ多いようです。
「表示していない」だけなのか「届出登録をしていない」のか「届出登録することができない理由がある」のかわかりませんが、いずれにしても注意を要します。
ブリーダー犬舎や店舗の連絡先また住所の確認インターネットを用いた商品やサービスの提供や広告をおこなう場合は、経済産業省令による「特定商取引法に基づく表記」の表示が義務付けられています。
この表示のないホームページは注意すべきと思います。
会社名、事業所名、店舗名、事業責任者名、住所などの記載がなく、電話番号が携帯番号しか記載していないなどの基本的な事柄の表示がないホームページは特に注意を要します。

→特定商取引法に基づく表記はこちら

このページの上へ